ご挨拶

支部長 松本 健(まつもと けん)

東京都社会保険労務士会
渋谷支部
支部長 松本 健

 この度は東京都社会保険労務士会渋谷支部のホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。
 
 社会保険労務士は、労働・社会保険諸法令に関する唯一の国家資格者として、労働・社会保険関係の行政への届出書類の作成・提出代行だけでなく、就業規則の作成や賃金制度を含めた人事労務管理施策の策定、労使トラブルの解決、公的年金の相談、助成金の活用など、「ヒト」に携わる幅広い分野の専門家として、日々研鑽を積み、企業経営者や個人の皆様の身近なパートナーとしてお手伝いさせていただいております。


 現在、渋谷支部には約620名の社会保険労務士が登録しております。
 
若者文化の発信地として発展し、大規模再開発により世界の都市と肩を並べる成熟した都市に変貌を遂げようとしている渋谷の街と同様に、渋谷支部にはベテランから新進気鋭の若手まで多種多様な専門分野をもった会員が日々活躍しております。


 こうした中、私達はこれまで培った経験を社会貢献の一環として、主に渋谷区民の皆様や区内事業所の皆様を対象にした街頭相談会や渋谷区役所内での定例相談会、また企業経営者や人事担当者を対象にした監督署・ハローワーク・年金事務所と連携した労働・社会保険説明会や、東京商工会議所渋谷支部と日本政策金融公庫渋谷支店と連携した経営労務セミナーを開催しております。また、学校教育の重要性に鑑み、区内の小学校から大学において出前授業も開催しております。

 
私達はこれらの事業を通じて地域の皆様のお役に立ち、渋谷支部の活動や社会保険労務士の役割を少しでもご理解いただければ幸いと考えております。

 
少子高齢化の影響から、人材不足によって今まで以上に「ヒト」を有効活用しなければならない状況となってきている昨今、「ヒト」のことでお悩みがございましたら、是非、渋谷支部の社会保険労務士をご活用いただきたく、お気軽にご相談下さいます様、宜しくお願い申し上げます。